urielとのナチュラルライフ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
身体が大事
今日は、ママも病院に行って来ました。
ずーーっと喉がカサカサしてたのでやっと診てもらいました(^◇^;)
扁桃腺が腫れて炎症が起きてました。

一週間、薬で様子見。
一つ、漢方薬が出たのですが、このお薬、水に溶かして喉に効かせるために、しばしうがい状態にしてから飲み込むというもの。

ママ、うがい状態から飲む込めないんです(笑)
うがいしたらぺっ、だよねって^^;
こんな時は、ウリエルも、とーくで見守ってます(笑)

そして、ウリエルも来週は健康診断。
まず、増えた体重戻さないと(^◇^;)

一週間前にやるって、、、ママ、夏休みの宿題は、ギリギリでした…
しかーし!
ウリエル、散歩に出るも、ご近所散歩だと動かない!

みて、このふまーんな顔(笑)

だって、ママが車が危ないとか、リードか外れて車道に出たらどーしょーとか、他のわんちゃんの落し物がボクのだと思われたらやだなぁ〜とか、ごにょごにょ思ってお散歩するからデスよ!!

そうだね。
ママの心配がウリエルに映ってるね。
公園だとね、ママもウリエルもイキイキするものね。ごめんね。

それから、ウリエルの健康面で気になることは、肝臓と心臓。
おまけにウリエルは、寒がりで、一時期毛が薄くなり、最近、やっとモフモフして来たけれど、甲状腺の影響もあるかなぁ〜。
今までの検査では、一応大丈夫でしたゲド。

気づけば、お野菜、アブラナ科のお野菜ばかり使ってた。
キャベツ・小松菜・大根・白菜・ブロッコリー、水菜・ラディッシュ・カリフラワーに青梗菜…

アブラナ科の野菜に多く含まれる抗酸化物質が甲状腺によるヨウ素の吸収を阻害し、ゴイトロゲンとして作用してしまうため、摂取の仕方に工夫がいります。

試しにアブラナ科のお野菜を使わず、大豆も、発酵しているもの限定でメニューを考えています。
ウリエルの場合、小麦粉も使い過ぎには要注意。

タンパク質は、旬の鰹と天然真鯛も半額〜ではなかったけれど(今日は2割引☆)、今日のご飯にいれました。

白いものと黒い食べ物さんにも協力いただきましょ。
国産の生キクラゲがあったので、これもごはんに入れましょ。
トロロもいいね。
大人ごはんも長芋とキクラゲスープ。
肺に潤いを与えましょ。
ママも喉、乾燥させないようにって言われたしね。

食材の力も借りながら、しっかり睡眠!
ここが大事。
ストレスも溜めないこと。
身体が大事。
体の声を聞いて、大事大事にしていきましょ。
そして、ウリエルに感じたものを自分に戻します。

もっとちゃんとケアしてあげればよかったとか、ちゃんと食材気をつけてあげればよかったとか。

これ、自分のことなのよね。
ママが自分にちゃんとケアしたり、もっとちゃんと食生活気に掛けてあげなかったりということが、ウリエルに映ってる。

そして、自分は出来ないという思い込み。
出来ない自分をダメとしているから、それがウリエルに映ってる。
ん!後は個別に自己セッションします♪

わんこは、私を映し出す鏡そのもの☆
身体が大事!!
キセキだ〜☆
ウリエルとは、いつから一緒に寝ていたかな、、、
たぶん7年近く。
365日、毎晩一緒に寝ていましたが、ウリエルは、必ず脇の下に入ってくるから、必然的にママは腕枕状態になります。
さらに、寝返り打つたび、どちらも起きますから、朝までぐっすり寝たことがなく。

ついに、ママの体がもたなくなりまして。

ウリエルに伝えました。

「ママ、もう1人で寝られるよ。大丈夫!ウリエル、ずっとありがとうね」

今月末には、旅行にも行くから、ウリエルもお宿ではハウスで寝んねだよ。
試しにカートのコットをベット傍に置いて寝るように促しました。

すると


寝てくれましたー!

何度もいろいろな形でチャレンジしたけれど、どれも成功した事がなく。

一緒に寝て欲しかったのは、わ、た、し♪
その我をみて、解放して、ウリエルに伝えました。

まだ、夜中、ぴーぴーなくこともあって、ベットに上がりたがることもあるけれど、それでも格段に楽になりました。

ウリエルが寝たかったのではなく、私が寝たかったのでした。

大丈夫!
もうおばけこないから(笑)
一応まだ2日なので、三日坊主にならないことを祈りつつ(笑)